目の異常や飛蚊症に関してのサイト!

眼の異常の中で特に気を付けたい飛蚊症

飛蚊症治療

 

眼は自分の生活を支えるにおいて大切なパートナです。その目は常に物が見える状態であるのですが、なかには目に様々な物が動いているように見えることがあります。これは飛蚊症と呼ばれる現象で特に害のないものですが、その飛蚊症のなかには気を付けておきたい症状を覚えて欲しいのです。それが今回のテーマである網膜剥離での飛蚊症なのです。この飛蚊症とは網膜剥離がおこる前兆であり目の前に常に蚊が飛んでいるように見える症状を言います。

 

この網膜剥離とは眼球の奥に中にある網膜と呼ばれる部分が目に強い衝撃や年齢による筋肉の衰えによるなど様々な要因で傷つきその眼球の中に水分が溜まっていきます。その水分が溜まっていくと目の神経を圧迫しやがて失明にいたる日常生活に支障をきたす大きなケガなのです。この網膜剥離は網膜の傷ついた箇所によって進行度が違い傷口が上の場合は進行が早く蚊が飛んでいるように見えたら急に周りが暗くなるように見えるなど進行が早いのです。そして傷口が下の場合は蚊が飛んだ後には何事も無くなってしまうので気に留めずに生活を送ってしまうため長い目で見ればこの下の方が失明に足る危険性が高いのです。この網膜剥離は先に年齢が高い人がなりやすいと書きましたが、近年においては目に刺激となることが周りに溢れておりこの症状になりやすい環境とも言えます。そのため目に何らかの異常を感じたら早急に眼科に診療することをお薦めします。